大会長 榊原哲也 (東京大学大学院人文社会系研究科 教授)
テーマ  現象学だからできること
大会特設ホームページ  2017年度第3回大会に関する詳細は、こちら
プログラム  準備中
特別企画  大RTD(ラウンドテーブルディスカッション)「身体経験の成り立ち」

松本俊彦(国立精神・神経医療研究センター)

伊藤亜紗(東京工業大学)

西村ユミ(首都大学東京)

演題  発表抄録受付期間2017年2月1日~3月15日17時まで詳細はこちら

登録資格を必ずご確認ください。

【注意事項】

1)演題数に限りがございますので、ご提出頂いた全ての方にご発表頂けない場合がございます。予めご了承ください。

2)登録資格として、「演題登録までに、月に一度開催している定例研究会に一度以上参加し、HPへの登録を済ませている方」とさせて頂いております。過去の研究会参加の有無とおおよその時期について、メールに明記してください。

3)登録までに、倫理審査委員会を通して下さい。

開催日時 2017年 8月6日(日)
会場 「東京大学本郷キャンパス」〒113-8654 文京区本郷7-3-1※本郷キャンパス内の使用会場につきましては、4月以降に掲載予定です。
申込 準備中
参加費  2,000円※大会当日に、受付にて承ります。
お問い合わせ clinical.phenomenology@gmail.com
窓口対応:西尾美里
※お問い合わせはメールのみとなっております。
大会実行委員
  •  西村ユミ(首都大学東京大学院)・主宰
  • 榊原哲也(東京大学大学院)
  • 村上靖彦(大阪大学大学院)
  • 石田絵美子(神戸市看護大学)
  • 片山康予(宝塚大学)
  • 菊池麻由美(東京慈恵会医科大学)
  • 北尾良太(千里金蘭大学)・事務局長
  • 坂井志織(首都大学東京大学院)・東京事務局長
  • 篠塚友香子(大阪大学大学院)
  • 田代幸子(首都大学東京大学院)
  • 細野知子(首都大学東京大学院)
  • 西尾美里(臨床実践の現象学会事務局)
  • 村上優子(首都大学東京大学院)
  • 野口綾子(東京医科歯科大学大学院)
  • 郷司律子(関西看護医療大学)

主催:臨床実践の現象学会

共催:科研費プロジェクト「医療現象学の新たな構築」